リポーター発

エリザベト音大
  • この記事にコメントする

エリザベト音楽大・演奏や歌で施設に笑顔

2015/10/30

 本学の学生たちが、介護老人保健施設あき(広島市安芸区)であった祭りのステージに出演した。7人がワンピース姿で登場し、息の合った演奏や歌を披露した。
 フルートやバイオリンで「椰子(やし)の実」や「浜辺の歌」など計7曲を約30分にわたって披露。心地よい音色が館内に響き渡り、入所者や来場した住民たちが楽しいひとときを過ごした。アンコールでは、童謡「ふるさと」が演奏され、みんなで一緒に歌って盛り上がった。
 代表の演奏学科2年小西みのりさん(19)は「自分たちの演奏で、みんなが元気になってくれたようでうれしい」と声を弾ませた。学生のやりがいのある表情と会場からあふれる笑顔を見て、あらためて音楽の素晴らしさを実感した一日だった。(2年・佐田晴菜)

バイオリンの演奏や歌で会場を盛り上げる学生

バイオリンの演奏や歌で会場を盛り上げる学生

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧

  • < 前の10件
  • 1
  • 次の10件 >