リポーター発

広島大
  • この記事にコメントする

広島大・3県学生集い書評合戦

2015/11/2

 学生がお薦めの本を紹介しあう「全国大学ビブリオバトル2015〜首都決戦〜」の広島・山口・岡山地区予選が、本学東広島キャンパス(東広島市)の中央図書館であった。6人の学生が登場し、学生たちに、自らの言葉で本の魅力を熱心に紹介した。
 ビブリオバトルは俗に書評合戦と呼ばれる。本の説明を受けた人たちが最も読みたくなった本に投票し「チャンプ本」を決める仕組み。6人は自身の読書体験を踏まえて発表し、本の魅力を伝えた。一節を情緒豊かに読み上げたり、身ぶり手ぶりを交えたりして、アピールした。発表者のジョークに会場が沸く一幕もあった。
 チャンプ本に選ばれた「ジェノサイド」を紹介した本学工学部3年の大西洋さん(21)は「普段読まないジャンルの本を知り、人前で話すいい機会になった。次は伝え方を工夫したい」と振り返った。大西さんは3日に広島県情報プラザ(広島市中区)で開かれる中国B、Cブロック地区決戦に挑み、東京の首都決戦への出場を目指す。(3年・甲斐寛之)

チャンプ本に選ばれた一冊を紹介した大西さん 

チャンプ本に選ばれた一冊を紹介した大西さん 

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧