リポーター発

県立広島大
  • この記事にコメントする

県立広島大・図書館で脱出ゲーム

2015/12/1

 図書館内にちりばめられたヒントを探して、クイズを解きながらゴールを目指す「脱出ゲーム」が本学の広島キャンパス図書館であった。利用者教育の一環として企画。メンバー同士で意見を出し合ったり、スマートフォンやパソコンを使ったりして挑戦した。
 午前と午後の2部構成で計63人の学生が参加した。制限時間は60分。1グループ1〜5人で取り組んだ。問題は「この蔵書の分類番号は」「当館にある日本一長いタイトルの本は」など。答えを探し出そうと、普段は静かな館内を忙しく移動し、関係資料を読みあさった。ハロウィーンに合わせて仮装姿の学生もいた。
 一番に脱出に成功した人間文化学部4年藤田千秋さん(22)は「普段からよく図書館を利用するので有利だったのかも」と喜んだ。スタッフの上戸田知花さんは「楽しみながら、図書館の利用方法を学んでもらえれば」と話した。(4年・木内貴大)

図書館内で答えを探しながら進む脱出ゲームの参加者

図書館内で答えを探しながら進む脱出ゲームの参加者

この記事に対するコメント
一覧

  • 竹田しおり 2015/12/5 9:12

    すぐ近くに住んでいるのに、こんな楽しそうなイベントがあったとは知りませんでした!
    又、何か面白そうなイベントがあったら、寄ってみたいです。
    図書館は利用させてもらってるのに。
    若くて可愛い学生さんが、静かにこういうイベントを楽しんでらっしゃる様子が文章と写真から伝わってきます^^
    レポート、ご苦労様でした^^

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧