リポーター発

フォトリポート

廿日市市・寒中のツバメ 春を待つ

2016/2/5

 地御前港でツバメ2羽が飛び交っているのを見掛けた。どうやらつがいのようだ。地元の人たちの話によると、12月末ごろから毎日のように飛ぶ姿を見るという。しばらく、暖冬が続いたので、春の気候と勘違いして渡って来たのだろうか。ツバメにレンズを向ける私も季節を春と錯覚してしまう。立春を迎えたとはいえ、まだまだ寒さが続きそう。2羽で無事、春を迎えてほしいと願わずにはいられない。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧