リポーター発

フォトリポート

廿日市市・春を待つ竹の息遣い

2016/3/15

 放射冷却で冷え込んだ早朝、カメラを片手に地御前港を訪れた。一角には、カキいかだの材料となる竹が数百本整然と並ぶ。太陽が昇り始め、水面をまぶしい光で照らし始めると、竹がみるみるうちに汗のような水滴をかき始めた。黄金色に輝くさまは、まるでかぐや姫を宿したかのよう。竹の息遣いが確かに聞こえた気がして「今日も元気で過ごそう」とパワーをもらった。春はもうそこまで来ている。(西谷正子)


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧