リポーター発

安田女子大
  • この記事にコメントする

安田女子大・短大 ダンスで乳がん検診をPR

2016/5/11

 すがすがしい五月晴れとなった8日、マツダスタジアム(広島市南区)のグラウンドで、安田女子大(安佐南区)と同短大(同)の学生99人が約3万1千人を前にダンスパフォーマンスを披露した。広島東洋カープ対DeNA戦に合わせてあった、乳がんの早期発見と治療を呼び掛けるキャンペーン「ピンクリボンdeカープ」の一環。
 五回終了後、学生はピンクリボンをイメージさせるピンクのTシャツに身を包んで登場。一世を風靡(ふうび)したディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「レット・イット・ゴー」に合わせて躍動感あふれるダンスをした。球場内では啓発パンフレットを観戦客に渡したり、バザーに参加したりした。
 代表を務めた安田女子大4年池元愛梨沙さん(21)は今回が最後の参加となり、「苦労もあったけれどやり遂げた達成感も大きい」と満足した様子。同大1年井上日向子さん(18)は「初めて参加し緊張したが本番は楽しめた」と振り返った。(安田女子大3年・山下未来)

ダンスで乳がん検診をPRする学生

ダンスで乳がん検診をPRする学生


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧