リポーター発

安田女子大
  • この記事にコメントする

安田女子大・短大 新1号館運営へ準備

2016/5/23
アイデアを出し合うイベントグループのメンバー 

アイデアを出し合うイベントグループのメンバー 

 ことし9月に完成する安田女子大・短大(広島市安佐南区)の新1号館の運営を手伝う学生プロジェクトチームが立ち上がった。イベントグループの会議が初めて開かれ、今夏に開くイベントについて意見を出し合った。
 チームは安田女子大の5学科、15人がメンバー。スタッフの衣装や広報を考えるデザイン▽企画などを練るイベント▽愛称などを決めるコンセプト―の3グループに所属して活動する。新1号館は全学科・学年の学生が交流や学習をする共同空間として造られる。学生が主体となることで、学生ならではのアイデアなどを柔軟に取り入れ、魅力ある学校づくりに役立てる狙いだ。
 メンバーの3年玉城あゆみさん(20)は「学生がもっと快適に勉強するスペースにしたい」と意気込む。同齊藤千晴さん(20)は「学校づくりに携われるのはなかなかない」と熱心にアイデアを挙げていた。学生の声を生かして誕生する新1号館の完成が楽しみだ。(安田女子大3年・山下未来)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧