リポーター発

フォトリポート

廿日市市・清楚に咲くナツツバキ

2016/6/22

 宮島の包ケ浦方面への道中、樹高3bはあろうかという白いナツツバキが清楚(せいそ)に咲いていた。見上げると、その様はそぼ降る小雨にぬれてまるで恥じらう少女のよう。梅雨のこの時季になると、私はいつも彼女に会いに行く。霧でけむる静かな山あいは時折、野鳥が「チチッ」とさえずり、わが身がぬれるのも忘れて、癒しの空間にしばし身を置く。ナツツバキは別名沙羅樹(しゃらのき)とも呼ばれる。花ことばの「はかない美しさ」「愛らしい」の通り、朝咲いて、夕方には散る一日花である。それゆえ、余計はかなさを誘う。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧