リポーター発

安田女子大
  • この記事にコメントする

安田女子大・3学科の合同創作展

2016/9/14
服の完成をみんなで喜ぶ学生

服の完成をみんなで喜ぶ学生

 本学(広島市安佐南区)の書道、生活デザイン、造形デザインの3学科の学生が作品を寄せる創作展が9月3、4の両日、広島県民文化センター(中区)で開かれた。創作展は初めて。「伝統と現代、そして未来」をテーマに、各学科の特徴あふれる作品が並んだ。
 会場は書道学科と生活デザイン学科・造形デザイン学科の2つのセクションに分かれており、書写やミニチュアの模型など、学科の特徴を生かした作品が展示された。書道学科のセクションでは、3学科の学生がテーマをモチーフに合同制作した服が発表された。注目を集めたのが「現代」の服だ。一見するとチェック柄のおしゃれなワンピースだが、チェックの部分に5月27日、現職の米国大統領として初めて広島を訪れたオバマ大統領が話したスピーチを英語と日本語で載せている。
 「現代」の衣装制作に携わった書道学科3年の砂場優子さん(20)は「他学科から新しい表現法などを学び、お互いに高め合えた」と振り返った。今後も学科を超えた学生同士のつながりが増えることを期待したい。(3年・山下未来)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧