リポーター発

広島大
  • この記事にコメントする

広島大・関西フェニックスの会でイカの王様の生態学ぶ

2016/10/24
アオリイカについて学んだ講演会

アオリイカについて学んだ講演会

 関西圏在住の本学卒業生の親睦と交流を図る「関西フェニックスの会」が主催する講演会が大阪市東淀川区のホテルであった。江坂宗春副学長や卒業生たち16人が集まった。
 昨年、本学が開いた「未来博士3分間コンペティション」でオーディエンス金賞となった大学院生物圏科学研究科3年の笘野哲史さん(26)が講師となり、「イカの王様」として知られるアオリイカの生態について話した。イカは稚魚の段階では、人工物のエサを食べないので養殖が不可能なことや流通するすべてのイカが天然物であることなどを解説し、「イカの生態についてもっと知ってもらうべく活動したい」と話した。
 文系学部に在籍する私にとって、普段あまり触れることのない学識に触れ、見識を深める貴重な機会になった。(2年・福原潤)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧