リポーター発

福山平成大
  • この記事にコメントする

福山平成大・華麗なばちさばき学園祭に響く

2016/11/1
息の合った演奏を披露した御幸太鼓部

息の合った演奏を披露した御幸太鼓部

 本学(福山市)で10月22、23の両日、第23回学園祭「御幸祭」が開かれた。各学科の紹介イベントや模擬店、ステージライブなどがあった。子ども学科や福祉学科などがあることから、小さい子どもやお年寄りが多く来場し、一緒に秋の1日を楽しんだ。
 ステージには、御幸太鼓部が登場。おそろいの法被を着たメンバー約20人が勇壮なばちさばきで3曲を約20分かけて演奏し、大きな拍手を浴びた。現在、31人のメンバーが週に2回、外部講師を招いて練習に励む。この日のために特訓を重ねたという。
 大学がある御幸町にちなんで御幸太鼓と名付けられ、3年前に同好会から部に昇格した。地域の福祉施設などを訪れる活動にも力を入れている。部長の子ども学科4年高橋美加さん(22)は「4年生は最後のステージ。今までの集大成を見せ、後輩にバトンタッチをしたい」と笑顔で話した。力強い音と抜群のチームワークで御幸祭を盛り上げたメンバーに心からの拍手を送りたい。(3年・村上楓)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧

  • < 前の10件
  • 1
  • 次の10件 >