リポーター発

フォトリポート

廿日市市・メダカ誕生 感動も生む

2017/5/17

 私はメダカを数匹飼っている。水温20度くらいとなる春から秋にかけてが産卵時期である。毎朝、雌のおなかに卵が数個ぶら下がっているのを見つけるのを楽しみにしている。親メダカが卵を食べてしまう習性があるので、すぐに他の容器に隔離する。水草にも数粒産み付けているようだ。水質が適さないのか、なかなかふ化しなかったが、1匹が何とか元気に誕生した。感動の一瞬を味わった。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧