リポーター発

フォトリポート

廿日市市・モクモク 咲き誇る「煙」

2017/6/13

 JR阿品駅から200メートル東にあるのり面で、初夏の花「スモークツリー」が今を盛りに咲き誇り、道行く人を楽しませている。5月から6月ごろに咲き、和名を「煙の木」という。煙がモクモクと上がっているように見えることから名付けられたそうだ。羽毛のようにふわふわで、タンポポの綿毛のように、吹けば飛んで行くような気がした。そっと両手のひらで触れてみる。ほんのりと心が温かくなった。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧