リポーター発

広島文教大
  • この記事にコメントする

広島文教女子大・元気あふれる音の競演

2017/6/22
息の合った演奏を聞かせる広島修道大の学生

息の合った演奏を聞かせる広島修道大の学生

 広島市中区の紙屋町地下街シャレオ中央広場で5月26日、「大学競演! シャレオ大学生コンサート」があった。本学(安佐北区)をはじめ、県内7大学・短大の学生が合唱や器楽によるアンサンブルなどを披露した。
 本学からは初等教育学科音楽専修・音楽ゼミの7人が参加した。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」をピアノで、星野源の「恋」を3種類のリコーダーで演奏した。中島みゆきの人気曲「糸」は合唱した。観客は一緒に手拍子をしたり、体を揺らしたりして楽しそうだった。
 演奏を終えた4年福永愛実さん(21)は「さまざまな種類のリコーダーがあると知ってもらえた」と満足そうだった。マンドリンの演奏をした広島修道大(安佐南区)の3年長廣沙弥佳さん(20)は「マンドリンに興味を持ってくれる人が増えるとうれしい」と笑顔だった。教育ネットワーク中国(中区)が主催し4回目。11月24日にも同様のコンサートがある。皆さんも、大学生の元気あふれる演奏を聞かれてはいかがだろうか。(4年・渡野留美加)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧

  • < 前の10件
  • 1
  • 次の10件 >