リポーター発

広島大
  • この記事にコメントする

広島大・近隣カフェでライブ

2017/7/26
息の合った演奏を披露する小林さん(右端)たちバンドのメンバー 

息の合った演奏を披露する小林さん(右端)たちバンドのメンバー 

 本学東広島キャンパス(東広島市)近くの「Olu Olu Cafe(オルオルカフェ)」で、広大生がメンバーの「暇ロック」がライブをした。約20人を前に約2時間半、若さあふれる演奏を見せた。
 いずれも2年生のアコースティックギターの小林慎さん(教育学部)、カホンの新見修さん(経済学部)、ボーカルの廣野なつきさん(総合科学部)の3人からなるバンド。この日は、絢香の「にじいろ」や、オリジナル曲「君越しの空」など数曲を披露した。リクエストを募り、即興で演奏するなどして盛り上げる場面もあった。
 鈴木英士店長(29)が「地域と学生をつなげる場にしたい」と発案し、初めてライブを開いた。演奏後、小林さんは「次はもっとお客さんを巻き込んで、みんなで楽しめるよう工夫したい」と汗をぬぐった。音楽を通して、新たなつながりが生まれたと実感したイベントだった。今回のように学生が協力して地域を盛り上げるイベントが増えれば良いと思う。(2年・仲間愛梨)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧