リポーター発

広島大
  • この記事にコメントする

広島大・こうの史代さんが語るヒロシマ

2017/12/27
こうのさん(右端)にインタビューする学生

こうのさん(右端)にインタビューする学生

 アニメ映画「この世界の片隅に」などの原作者として知られる漫画家こうの史代さん‖広島市西区出身‖の講演会が中区であった。漫画家を志したきっかけや画業で大切にしていることなどを語った。本学の学生によるインタビューもあった。
 こうのさんは本学理学部出身。登場人物を体系的に把握するために、主人公のすずや、周作たちの名前を元素記号から名付けたことなど、理系出身者らしい話題で会場を沸かせた。被爆体験のない世代があの日を語り継ぐ大切さも強調した。学生によるインタビューは別室であり、広島の原爆体験や戦争を描く上で大切にしていることなどを聞き取った。
 学生はみんな終始緊張した面持ちでインタビューに臨んだが、大変貴重な機会になったようだ。薫陶を受けた一日だった。(3年・福原潤)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧