リポーター発

フォトリポート

広島市中区・梅一輪 近づく春の足音

2018/2/21

 小雪が舞い、寒い日が続く毎日。そろそろ梅の花が咲いているかもしれないと7日、縮景園まで足を延ばしたが期待は外れた。例年だと、6日ごろには開花するが、今年は厳しい寒さで遅れているらしい。開花は月末ごろという。広島地方気象台が開花宣言に利用する「標本木」のつぼみもまだ固いまま。1本の木だけチラホラ咲いていたのでカメラを向けた。周辺の木々には開花を待ち焦がれる小鳥たちが鳴いて飛び交っていた。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧