リポーター発

フォトリポート

廿日市市・宮島 アセビが揺れる春

2018/3/23

 汗ばむほどの陽気に誘われて宮島を散策した。島内の桜はまだつぼみ。華やかな雰囲気はないが、白や薄紅色の花を付けたアセビが清楚(せいそ)な姿で、あちらこちらで出迎えてくれた。スズランのようなたくさんのつぼ状の花を付け、触るとカラカラと音がしてまるで花かんざしのよう。アセビの葉は毒を持ち、シカは食べないという。「食べられなくて良かったね。心置きなく精いっぱい咲いてね」。ほっとした気持ちで宮島を後にした。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧