リポーター発

福山大
  • この記事にコメントする

福山大・認知症カフェのスタッフに

2018/4/3
利用者と学生たちが笑顔で交流したカフェ 

利用者と学生たちが笑顔で交流したカフェ 

 福山市今津町のコミュニティーセンター宮西で認知症カフェがあり、本学(福山市)薬学部の「チーム和ごころ」を中心とする学生たち7人がスタッフとして参加した。
 CafeGETAは、認知症の人や家族が悩みを共有し、気分転換を図ってもらおうと、昨年9月から月に1度オープン。参加費100円で飲み物やお菓子を食べながら、簡単なゲームやクイズ、歌や体操をしている。
 学生たちは利用者の隣に座り、季節や地域の話題、認知症予防に関する話をしながら交流を深めた。同チーム代表の4年宮薫子さん(22)は「手作りした物を褒めてもらった。名前を覚えていてくれる人もいて、うれしかった」と話していた。
 次回のカフェ開催は4月5日。この活動が今後も継続されるよう願っている。(1年・道原あやな)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧