リポーター発

フォトリポート

広島市佐伯区・桑の甘い紫に胸キュン

2018/6/12

 「♪山の畑の桑の実を小かごに摘んだはまぼろしか♪」。唱歌「赤とんぼ」に歌われている桑の木が佐伯区の「みずとりの浜公園」に1本だけ植えられていて、たわわに実っている。子どもの頃、桑畑に無断で入って赤黒く熟れた実を口いっぱいに頰張り、両ポケットにも入れたら、実がつぶれ紫色に染みてしまった。懐かしく回想しながら一つ口に入れると、甘〜い味がよみがえり胸がキュンとなった。手のひらも紫色に染まった。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧