リポーター発

フォトリポート

廿日市市・青空に鳥の羽根ふわり

2018/8/3

 空を見上げたのは外出先だった。青いキャンバスに涼しげな小鳥の羽根がすーっと描かれていた。ひらりと落ちてきそう。急いで帰宅し、カメラを向ける。酷暑の今、なぜこのような雲が…。西日本豪雨の被災地の方や列島を包む暑さに閉口する人たちに、「もう少ししたら涼しい季節になります。頑張って!」とのメッセージのような気がした。だけど、その向こうにはまだまだ入道雲がデンと居座っている。つかの間の涼しさのプレゼントだった。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧