リポーター発

広島大
  • この記事にコメントする

広島大・模擬国連で白熱議論

2018/10/1
世界各地の学生と議論を深め、友人関係を結べたINU学生セミナー

世界各地の学生と議論を深め、友人関係を結べたINU学生セミナー

 国際大学ネットワーク(INU)に加盟する大学と協働した学生セミナー&修士サマースクール「地球市民と平和」が、本学(東広島市)や広島市内で開かれた。今年のテーマは「食料・水の安全保障」で、9カ国10大学の学生と教職員がディスカッションやワークショップに取り組んだ。
 模擬国連総会では、インド、ブラジル、中国、米国、オーストラリアなどの代表団に分かれ、各国の立場に沿って白熱した議論を繰り広げた。講義以外には、被爆者から体験談を聞き、8月6日の平和記念式典に参列するなど、平和への思いを深めた。けん玉体験などもあり、日本の文化にも触れた。
 セミナーでは、政策について学び、討論することで、グローバル市民としての責任を強く実感した。さらに、9日間の日程を共に過ごすことで、世界各地の学生と友人になれたのも貴重な財産となった。(大学院・董博文)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧