リポーター発

広島経済大
  • この記事にコメントする

広島経済大・一斉清掃 爽やかな朝

2019/2/4
落ち葉やごみを拾い集める学生たち

落ち葉やごみを拾い集める学生たち

 本学(広島市安佐南区)の学生と住民ら約400人が、祇園学区を一斉清掃した。この活動は学友会の主催で年2回実施し、26年間続けられている。
 参加者は祇園小に集合。朝の寒い風にあたりながら、周辺の公園や神社などで約1時間、落ち葉やごみを拾っていった。子どもたちと仲良く落ち葉を集める学生がいるなど、大きなごみ袋を両手に広げて協力する学生と住民には、笑顔があふれていた。参加した児童や保護者は「寒かったけど、街がきれいになってよかった」「学生が頑張ってくれてうれしい」と喜んでいた。
 清掃後は、収集したごみをまとめ、冷たいドリンクで疲れを癒やした。小谷幸生学長は「大学は地域の人に支えてもらっている。学生による地域への恩返しとなるよう、今後も続けていきたい」と話していた。(2年・亀山冬二)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧