リポーター発

フォトリポート

朝日に写り込む鉄塔

2019/4/4

 暖かくなるにつれ、廿日市市阿品から眺める朝日は東へ移動していく。春分の日と秋分の日の太陽は真東の同じ位置から昇り、絵下山(広島市安芸区矢野町)の鉄塔が決まって写り込む。今年の春分の日は雨だったため、前日の日の出で確認してみた。太陽はこのあと右斜め上へと昇り、鉄塔をすっぽり包んだ。次の秋分の日が楽しみだ。(西谷正子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧