リポーター発

フォトリポート

残る棚田 秋の姿楽しみ

2019/7/11

 高齢化や一昨年までの減反政策により失われつつある棚田。広島市安芸区畑賀にも、絵になる風景が残っている。昨年は西日本豪雨があり、農家は苦労したことだろう。県内では、日本の棚田百選に選ばれた井仁の棚田(安芸太田町)が有名だが、畑賀は昔懐かしい風情が感じられる。秋には、黄金色になった棚田を楽しみにしている。(吉川良治)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧