リポーター発

広島国際大
  • この記事にコメントする

【広島国際大】新校舎 笑顔あふれる場に

2019/10/1
新校舎のレストランで話す学生

新校舎のレストランで話す学生

 広島国際大呉キャンパス(呉市)に4階建ての新校舎「3号館」が完成した。「教育会館」とも呼ばれ、地域の人との交流や、学部を越えた学習の場などに活用する。
 1階にある「陽(ひ)だまりレストラン」は、一般の人も利用できる。ワンコイン(500円)のメニューが充実しているのに加え、ソファ席やカウンター席など多彩なシートが設けてある。オープンテラスやキッズスペースもある。
 レストランの名前を考えたのは、3月に看護学部看護学科を卒業した国沢聖菜さん(22)=神戸市。人と人とがつながって、笑顔あふれる温かい場所になるよう願いを込めた。国沢さんは「看護師になるため国家試験の勉強をしながら、新校舎ができるのを楽しみにしていた。いろいろな人たちが集まって、気軽に話したり、手を取り合ったりできるような場所になってほしい」と話していた。(2年 脇円佳)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧