リポーター発

広島修道大
  • この記事にコメントする

【広島修道大】しぶき舞う 熱き戦い 13高校と水泳競技大会

2019/11/20
熱戦を繰り広げた広島修道大学長杯水泳競技大会

熱戦を繰り広げた広島修道大学長杯水泳競技大会

 広島修道大フォーラムプール(広島市安佐南区)で広島修道大学長杯水泳競技大会があった。過去最多となる広島市内と周辺の13高校と、本学水泳部の計122人が24種目で競った。
 今年で15年目。本学水泳部の競技力の向上と、各高校水泳部との交流を図り、切磋琢磨(せっさたくま)するために開かれている。競技中にはプールサイドから各校生徒の声援が飛び交う白熱した雰囲気。選手たちは真剣に泳いでいた。
 バタフライや自由形など、複数の種目で優勝を飾った安田女子高(中区)2年岡田知花さんは「もっと上を目指してインターハイに出場したい」と語った。
 2020年の東京オリンピックでも「水泳日本」の活躍が期待されている。参加した選手たちの中から、世界を舞台に力泳する選手が現れてほしい。(広島修道大4年 清家惇平)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧