リポーター発

フォトリポート

【府中町】紅葉と橋に懸かる虹

2019/11/26

 朝夕が随分と冷え込む時季となった。紅葉を撮影するため午前10時ごろ、水分峡(みくまりきょう)の入り口まで行ってみた。そこから奥はまだ工事中だが、周囲の木々は思っていたよりも色づいていた。
 水分神社の下流にある木の橋が清掃中だった。太陽を背にする位置に移動すると、高圧洗浄のしぶきが虹をつくっていた。雲の流れが速く、何とか撮れた一枚だ。(木田敏忠)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧