リポーター発

広島修道大
  • この記事にコメントする

【広島修道大】金融・経営テーマに発表 4大学48人が参加

2019/11/26
広島空港の民営化による経営予測について発表する広島修道大の学生

広島空港の民営化による経営予測について発表する広島修道大の学生

 関西大と立命館大、同志社大、広島修道大(広島市安佐南区)の商学系学科による「インゼミ」が、大阪府の関西大千里山キャンパスであった。4大学から48人が参加し、金融や経営をテーマに11グループが発表した。
 本学は、商学科の中井教雄ゼミの学生12人が2グループに分かれて発表。社名変更が株価に与える影響や、民営化による広島空港の経営予測について話した。
 参加した3年藤田衣理奈さん(21)は「興味を持って聞いてもらうための工夫が必要だと感じた。他大学の発表は参考になった」。同金信宏紀さん(21)は「研究成果を他大学の先生から褒めてもらい、達成感があった」と喜んでいた。(広島修道大3年 小原慧)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧