リポーター発

広島修道大
  • この記事にコメントする

【広島修道大】図書館に並ぶ本を吟味 学生ら、900冊から

2019/12/17
書店から持ち込まれた本を吟味する学生

書店から持ち込まれた本を吟味する学生

 広島修道大(広島市安佐南区)の図書館で「学内ブックハンティング」が開かれた。約900冊の本が並び、多くの学生、教職員がさまざまな本を直接手に取り、内容を吟味した。
 今年で7年目。運営したのは、学生と教職員による図書協議会。広島市中心部の書店から大学に持ち込まれた本の中から、学生たちは興味のある本を1人10冊まで選んだ。図書館は今後、要望を参考に、予算の範囲内で本を購入する。
 運営ボランティアとして参加した商学科3年の伊藤祐希さん(21)は「このようなイベントを機に、多くの人が図書館の魅力を知り、もっと利用が広がれば」と期待していた。選ばれた本が図書館に並ぶのが楽しみだ。(3年 小原慧)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧