リポーター発

県立広島大
  • この記事にコメントする

【県立広島大】宮島 英語でガイド 写真や図説準備

2020/2/26
英語で宮島のガイドをする学生

英語で宮島のガイドをする学生

 県立広島大広島キャンパス(広島市南区)の学生が外国人を対象とした無料英語ガイドを廿日市市宮島町で実施した。授業「宮島観光学入門」の一環。
 ガイドは1回約45分に設定し、相手の予定に合わせて時間や解説ポイントを変更するようにした。学生7人が2グループに分かれ、石鳥居付近で手作りのポスターを掲げて参加者を探し、ちょうずのやり方や参拝方法などを説明した。
 ガイドの実施に向けて、学生は、授業で宮島について英語で学習。各自でオリジナルの原稿を作り、ガイドで使う写真や図説を準備した。
 観光客3組にガイドした国際文化学科1年の桜井今日子さん(19)は「改修工事中で見えなかった大鳥居の写真を見せながら解説すると喜んでくれた。もっと宮島について勉強し、英語で伝えられるようになりたい」と話していた。(4年 川元愛恋)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧