リポーター発

広島文化学園大
  • この記事にコメントする

【広島文化学園大】教育方法学び発表 小学校などを訪問

2020/3/24
小学校や特別支援学校の見学で学んだことを発表する学生

小学校や特別支援学校の見学で学んだことを発表する学生

 広島文化学園大の長束キャンパス(広島市安佐南区)子ども学科の1年生が、小学校と特別支援学校を見学して学んだことをまとめ、発表会を開いた。
 学生は、数人ずつに分かれて、安佐南区の小学校と南区の特別支援学校を訪問。それぞれ2時間程度、教室で授業の様子を見学した。教師による児童への声の掛け方や教材・教具の活用、授業の構成などを観察してまとめた。特に、初めて特別支援学校へ行った学生は、子どもたちとの関わり方などを学んで発表につなげた。
 木原莉桜さん(18)は「特別支援学校の見学では、教師目線で子どもたちと関わり新鮮だった。将来の就職の視野を広げることができ、よい経験だった」と話していた。(3年 行広ひなの)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧