リポーター発

広島工業大
  • この記事にコメントする

【広島工業大】本好きの輪広げる催し 帯ワングランプリ

2020/3/24
入賞を喜ぶ近藤さん(左端)たち学生と職員

入賞を喜ぶ近藤さん(左端)たち学生と職員

 広島工業大(広島市佐伯区)の付属図書館で、書籍にオリジナルの帯を付ける「帯ワングランプリ」が開かれ、入賞作8点が決まった。
 本好きの輪を広げたいと同館が開催しており、今回で4回目。学生や職員から28作品の応募があった。
 大賞は食品生命科学科2年近藤令奈さん(20)。「スマホ断食」の帯表面に「この鳥は何を食べて生きているでしょう?」と、ツイッターのロゴマークである青い鳥と一緒に記し、裏面に「あなたの時間です」と書いた。準大賞には大学院生命機能工学専攻2年星出亮佑さん(24)が選ばれた。「理系の料理」に「『塩適量』って何グラム?」「『卵1個』って卵のサイズいろいろあるんだけど」など素朴な疑問を記した。
 同館館長の松川弘教授は「どの帯も本への愛情が感じられ、手に取って読みたい気にさせる」と評していた。(大学院1年 松田僚太)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧