リポーター発

広島工業大
  • この記事にコメントする

【広島工業大】自分の音楽突き詰める ユーフォニアムで3位

2020/7/20
学生ソロコンクールでの3位受賞を喜ぶ吉久さん

学生ソロコンクールでの3位受賞を喜ぶ吉久さん

 日本ユーフォニアム・テューバ協会(JETA)による学生ソロコンクールで、広島工業大(広島市佐伯区)の知能機械工学科4年吉久拓見さん(22)が、ユーフォニアム・シニア部門で第3位に輝いた。
 ユーフォニアムとチューバのソロコンクールは珍しい。大学生たちが対象の部門で、吉久さんを含む5人が予選を通過した。本選は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、録音音源による審査で実施。5人のうち、吉久さん以外は芸術大や音楽大の学生だった。
 本学吹奏楽部と、広島県の一般トップ吹奏楽団に所属する吉久さん。会員制交流サイト(SNS)を通じて演奏動画の配信もしている。
 吉久さんは「出場者には音大生も多かったのでうれしい。この大会での経験を活かし技術の向上につなげたい」と話していた。今後もさまざまなコンクールに出場し自分なりの音楽を突き詰めていくという。(3年 近藤令奈)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧