リポーター発

広島工業大
  • この記事にコメントする

【広島工業大】仮想キャンパス オンラインツアー開催 

2020/10/6
バーチャルキャンパスツアーの手応えを語る奥川さんたち

バーチャルキャンパスツアーの手応えを語る奥川さんたち

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、受験前に広島工業大(広島市佐伯区)を訪れることができない高校生たちのために、オンラインで「バーチャル(仮想)キャンパスツアー」が開かれた。大学院1年の奥川航大さん(22)たち12人の学生が企画。仮想のキャンパス内を案内した。
 参加者は、スマートフォンやパソコンを通じて仮想空間に集合。在学生が案内役となり、音声を交えて学内のスポットなどを紹介した。
 ツアーは、建築デザインを研究している奥川さんが5月に制作した「バーチャル広工大」のシステムを活用。6月に新入生たちを案内したツアーが好評だったことから、ほかの学部の学生にも呼び掛けて今回のツアーを計画した。
 奥川さんは「大学の魅力を伝えることができて良かった。今後は、より実物のキャンパスに見えるよう再現の質を高めていきたい」と満足した表情で話していた。(4年 手島慶祐)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧