リポーター発

安田女子大
  • この記事にコメントする

【安田女子大】野外活動で交流深める ダッチオーブンで調理

2020/10/6
野外での調理にも挑戦し、自然を満喫する参加者

野外での調理にも挑戦し、自然を満喫する参加者

 安田女子大(広島市安佐南区)の学生たち77人が、広島県立もみのき森林公園(廿日市市吉和)で野外活動を楽しんだ。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクの着用や手指のアルコール消毒などの対策を徹底。自然に触れながら、学部や学年を越えて交流を深めた。
 学生たちは、サイクリングやアスレチックを楽しんだほか、イノシシについてや、クズの葉を使った遊びなども学び、自然を満喫した。ダッチオーブンを使った鶏肉料理にも挑戦した。
 引率した現代ビジネス学部の折本浩一教授(健康スポーツ)は「野外活動は、災害時の不便さを体験できる機会でもある。体験を通じて学生の視野が広がれば」と期待する。薬学部1年山下ななみさん(19)は「コロナ対策がしっかりされていて不安はなかった。ダッチオーブンを初めて使ったが、おいしくできた」と喜んでいた。(1年 井口侑香)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧