リポーター発

福山大
  • この記事にコメントする

【福山大】学内見学会、模擬授業も 「3密」対策で参加数制限

2020/10/20
情報工学科の模擬授業を体験する参加者

情報工学科の模擬授業を体験する参加者

 福山大(福山市)は9月中旬、高校3年生と保護者を対象にしたキャンパス見学会を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、参加者の人数を制限するなど「3密」対策を徹底し、各学科で授業内容などを説明した。
 午前と午後の2回に分けて開催。工学部情報工学科では、参加者を各回20人に制限した。同科の教授がカリキュラムの説明のほか、教室や研究室の案内をし、参加者に学生生活をイメージしてもらった。
 その後の模擬授業では、同科で1年生が受ける授業を再現。パソコンを使った画像処理やプログラミングの演習を体験してもらい、自分が設定したプログラムが動く喜びを感じてもらった。
 参加した市内の高校3年小山卓巳さん(18)は「授業を体験し学内の見学もできたので、情報工学科への関心がさらに高まった」と話していた。(3年 山上誠人)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧