リポーター発

県立広島大
  • この記事にコメントする

学生が手作りピザ窯で体験会

2013/11/29

 県立広島大庄原キャンパス(庄原市)に学生がピザ窯を完成させた。大学祭のピザ焼き体験会で、地域の人を含む約100人が味わった。
 体験会では、直径aのピザ生地に、それぞれが好きな具をトッピング。まきで熱した高さが約140a、幅が約120aの窯に入れ、次々焼き上げた。
 窯は、学生のアイデア実現に協力する同大の「いきいきキャンパスプロジェクト」の一環で作られた。大学側が窯用に敷地とれんがなどの材料費を提供。学生約20人がことし6月から約3カ月かけて、完成させた。
 ピザを食べた経営情報学部3年の山重里実さん(20)は「さくさくでおいしい」と味わっていた。
窯の製作に携わった生命環境学部2年の渡辺真奈美さん(19)は「ピザ窯で地域の人ともっと交流したい」と話していた。(2年中島敬)


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧