リポーター発

広島大
  • この記事にコメントする

【広島大】「取材をする」こと身近に 大学生リポーター研修会

2020/12/21
研修会でグループ討論をする新人リポーターたち

研修会でグループ討論をする新人リポーターたち

 キャンパスリポーター研修会が、広島市中区の中国新聞ビルであった。私は「先輩リポーターの活動報告」として、広島県内の社長たちにインタビューした経験などを話した。
 キャンパスリポーターは、大学連携組織「教育ネットワーク中国」と中国新聞社が2008年から始めた制度で、学内のニュースなどを発信する取り組み。会場には30人、オンラインで7人が参加した。記事の書き方や写真の撮り方の説明を熱心に聞いていた。
 福山大4年道原あやなさん(22)と広島修道大2年藤原杏さん(20)も活動報告した。「普段の大学生活では体験することのできない活動なので、積極的に取材に取り組んでほしい」と呼び掛けた。広島国際大2年の内村祥子さん(20)は「先輩リポーターの話に引き込まれて、あっという間だった。大学の話題や魅力的な人を取材し、発信できるようになりたい」と意気込んでいた。
 私は4年間の活動で「取材をする」ことを身近に感じるようになり、マスコミの道に進むことにしている。新人リポーターたちの熱意あふれる紙面に負けないよう、今後も頑張りたい。(4年 貴船桃佳)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧