リポーター発

フォトリポート

記事一覧

  • 【北広島町】かやぶき 女性職人の手で (2020/1/15) 

     藍染めの手拭いをかぶり、鮮やかな手さばきではさみを入れる大野沙織さん(32)=滋賀県多賀町。カヤのふき替えを仕上げた。  女性のかやぶき職人は、全国で10人前後とされる。大野さんは、民俗学や伝統建…

  • 【廿日市市】太陽の帯のじゅうたん (2020/1/10) 

     新たな年を迎えた。新春の太陽は神聖な輝きに見える。きりりと身が引き締まる。海面に太陽の帯のじゅうたんが厳かに敷かれていく。漁船が低いエンジン音を響かせて操業を始めた。何もかもが新鮮。令和2年が穏や…

  • 【廿日市市】サンタがエイに贈り物 (2019/12/25) 

     宮島水族館の水槽でサンタクロースの衣装を着た飼育員が魚たちに餌やりをしていた。笑っているように見えるエイが餌を食べる様子を、家族連れが楽しそうに見ていた。エイにはそれぞれの特徴から「マロちゃん」「…

  • 【海田町】シラサギとカワウ「共助」 (2019/12/19) 

     海田町の日下橋周辺では、シラサギ30〜40羽の乱舞を見掛ける。昨年の豪雨災害で、瀬野川の川底は砂に埋まり浅くなった。その影響でアユやウグイなどが少なくなり、汽水域の小魚が群れて上ってくる。その群れ…

  • 【廿日市市】島々を染める瀬戸の朝焼け (2019/12/12) 

     日の出40分前の午前6時20分ごろ。空はまだ薄暗く、澄んだ空気の中、月が静かに浮かぶ。朝焼けの予感がしてカメラを構えた。瀬戸内の島々がオレンジ色に染まり、徐々に雲や海も美しく輝き始める。朝焼けに出…

  • 【廿日市市】庭も心も秋色一色 (2019/11/27) 

     身近な秋を感じたくて、珍しい樹木や草花が植えてある民家を訪ねた。庭はすっかり秋の装い。世界三大紅葉樹の一つニシキギ、冬桜、ヤマボウシ…。初めて見る植物の実にも感激し、心も秋色に染まった。(西谷正子)

  • 【府中町】紅葉と橋に懸かる虹 (2019/11/26) 

     朝夕が随分と冷え込む時季となった。紅葉を撮影するため午前10時ごろ、水分峡(みくまりきょう)の入り口まで行ってみた。そこから奥はまだ工事中だが、周囲の木々は思っていたよりも色づいていた。  水分神…

  • 【府中町】かわいい「鬼」 地域元気に (2019/10/30) 

     子どもたちの思い出づくりと元気な地域づくりを目的に、府中町桃山5区町内会の恒例行事として開催している秋の大祭。今年も、みこしと花太鼓を親子で飾り付けた。  かわいい赤鬼・青鬼を先頭に子ども36人、…

  • 【廿日市市】ひんやり 秋の日の出 (2019/10/24) 

     秋の気配が深まる地御前港。静かに朝日が昇る。早朝の空気はすっかり冷たくなり、体の奥まで染み込んでくるようだ。カキいかだを組んでいた人たちも火をたいて暖を取っていた。カキの水揚げはもう間もなく。カキ…

  • 【廿日市市】入道 おしゃれ頭巾かな (2019/10/3) 

     入道雲に掛かる笠雲らしきものが見えた。1分もたたず消えてしまったが、とても印象深かったので江波山気象館(広島市中区)に問い合わせた。「笠雲は山頂付近に現れるもので、これは頭巾雲でしょう」と脇阪伯史…