サンフレ

コーナーフラッグ

  • 【J1】4月3日G大阪戦 今津の活躍に期待高まる (4/3)

     今津のプレーを見ていると、本当にJ1初挑戦なのかと思ってしまう。パトリックとの空中戦も互角に渡り合い、居並ぶ日本代表クラスの選手にも当たり負けしなかった。日本代表の練習中に脚を痛め、大事を取ってベン...

  • 【J1】3月21日大分戦 攻撃サッカー、覚悟感じる (3/21)

     花冷えする雨上がりの大分で、これしかないという形で先制点を献上した場面では、底冷えがした。それが今、ほっこりした気持ちで記者席にいる。ことしのサンフレは、昨年までとは何かが違う。

  • 【J1】3月17日清水戦 自在の攻めへ選択肢を (3/17)

     じれずに、ゴールをこじ開けようと挑んだ執念が実ったといえる。ゴール中央をしっかり固め、リーグ屈指のGK権田が構える清水をどのように崩すのか注目していたところでのセットプレーである。どんな形であれ、得...

  • 【J1】3月13日鹿島戦 勝ち点1、前向きに評価 (3/13)

     「勝ち切れなかった」と見るか、「負けなかった」と見るかで、大きく判断が分かれる。押し込まれる時間が長かった試合内容を見れば、負けても文句は言えなかった。しかも、ジュニオールサントスを脚の負傷で欠くア...

  • 【J1】3月10日札幌戦 勝ち切るための3バック (3/10)

     今季挑戦する4バックから、昨季まで取り組んできた3バックへのシステム変更。城福監督が温めてきた構想を実行に移したのは、後半37分だった。

  • 【J1】3月7日横浜M戦 浅野、自信を取り戻せるか (3/7)

     3得点したのは昨年10月28日の横浜M戦以来、12試合ぶりだ。課題の得点力アップのきっかけにつながってほしいと思う中、途中出場でシュート1本に終わった浅野が気になっている。

  • 【J1】2月27日仙台戦 高揚感しぼむ勝ち点1 (2/27)

     新型コロナウイルス禍の中で、開幕を無事迎えられた高揚感はしぼんだ。数的有利な状況で試合を進め、幸先良く先制。内容はどうあれ、勝ち点3を信じて疑わなかっただけに、まさかの気持ちである。

  • 【J1】12月19日名古屋戦 4季目へどう戦うのか (12/19)

     全34試合をよく消化できたと思う。新型コロナウイルスの感染拡大で2月下旬から公式戦は中断。チームの全体練習も4月13日に止まった。「再開できる日が来るのだろうか」。絶望的な気持ちになりながら監督、選...

  • 【J1】12月16日柏戦 夢あるラストゲームを (12/16)

     天皇杯や来季のACL出場の可能性がなければ、J2への降格もない。消化試合となった今、クラブができるのは、サポーターが来季に向けて夢を抱ける試合を見せることである。

  • 【J1】12月12日FC東京戦 不完全燃焼、何が足りぬ (12/12)

     リーグ戦も残りわずかとなり、選手に今季の感想を聞く機会も増えてきた。「もっとできた」「内容と結果が一致しない」。そんな声が実に多い。不完全燃焼。そんな言葉がしっくりくる。