サンフレ

【J1】3月30日清水戦 忘れなかった屈辱

2013/3/30 12:45

 いつか見た光景である。公式戦未勝利が続き危機的状況にある清水に対し、先制点を挙げ、そして相手に退場者。この日と同じ展開だった昨年8月4日は逆転負けを喫した。あれから8カ月弱。「喉元過ぎても熱さを忘れなかった」からこその勝ち点3であろう。
(ここまで 119文字/記事全文 492文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

コーナーフラッグの最新記事
一覧

  • 【J1】4月10日湘南戦 この負けを次戦の糧に (4/10)

     勝負事に勝ち負けはつきもの。リーグ戦は38試合の長丁場、いつかは必ず負けるときが来る。試合終了の瞬間、うなだれる広島の選手を見て恐れるのは、低迷する湘南に「取りこぼした」という心理が働き、尾を引くこ...

  • 【J1】4月7日横浜FC戦 追加点、貪欲な姿見せて (4/7)

     流れるようなコンビネーションあり、前線からの厳しい守備を起点にした得点あり。ベテランの卓越した技術によるシュートとくれば、後半もどれだけ得点を重ねるかと、ハーフタイムには心躍らせたものである。まさか...

  • 【J1】4月3日G大阪戦 今津の活躍に期待高まる (4/3)

     今津のプレーを見ていると、本当にJ1初挑戦なのかと思ってしまう。パトリックとの空中戦も互角に渡り合い、居並ぶ日本代表クラスの選手にも当たり負けしなかった。日本代表の練習中に脚を痛め、大事を取ってベン...

  • 【J1】3月21日大分戦 攻撃サッカー、覚悟感じる (3/21)

     花冷えする雨上がりの大分で、これしかないという形で先制点を献上した場面では、底冷えがした。それが今、ほっこりした気持ちで記者席にいる。ことしのサンフレは、昨年までとは何かが違う。

  • 【J1】3月17日清水戦 自在の攻めへ選択肢を (3/17)

     じれずに、ゴールをこじ開けようと挑んだ執念が実ったといえる。ゴール中央をしっかり固め、リーグ屈指のGK権田が構える清水をどのように崩すのか注目していたところでのセットプレーである。どんな形であれ、得...