サンフレ

【J1】8月3日浦和戦 宿敵の執念に屈した

2013/8/3 13:18

 試合前に配布された浦和の資料に、ペトロビッチ監督の古巣広島への賛辞が載っていた。いわく「リーグで最も安定感があり、我慢のできるチーム。勝ち方のシステムを構築したのかと思う。最後まで諦めず戦う」。その通りだったのは最後のくだりくらい。ぐうの音も出ない完敗である。
(ここまで 131文字/記事全文 494文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

コーナーフラッグの最新記事
一覧

  • 【J1】4月18日川崎戦 逆境下の勝ち点、自信に (4/18)

     将棋に例えれば、飛車角落ちでも、名人に負けなかったと言えるだろうか。14日の名古屋戦で負傷した川辺がいなければ、日本代表で故障した佐々木もいない。満身創痍(そうい)の状態でつかんだ勝ち点1は、チーム...

  • 【J1】4月14日名古屋戦 勝敗分けた一瞬の判断 (4/14)

     Jリーグ史に残る屈指の「盾」を持つ名古屋に対して先制点、それも前半の早い時間帯に与えてしまっては相手の思うつぼである。まして、警戒していたセットプレーからの失点。悔しさは募るばかりだろうが、名古屋の...

  • 【J1】4月10日湘南戦 この負けを次戦の糧に (4/10)

     勝負事に勝ち負けはつきもの。リーグ戦は38試合の長丁場、いつかは必ず負けるときが来る。試合終了の瞬間、うなだれる広島の選手を見て恐れるのは、低迷する湘南に「取りこぼした」という心理が働き、尾を引くこ...

  • 【J1】4月7日横浜FC戦 追加点、貪欲な姿見せて (4/7)

     流れるようなコンビネーションあり、前線からの厳しい守備を起点にした得点あり。ベテランの卓越した技術によるシュートとくれば、後半もどれだけ得点を重ねるかと、ハーフタイムには心躍らせたものである。まさか...

  • 【J1】4月3日G大阪戦 今津の活躍に期待高まる (4/3)

     今津のプレーを見ていると、本当にJ1初挑戦なのかと思ってしまう。パトリックとの空中戦も互角に渡り合い、居並ぶ日本代表クラスの選手にも当たり負けしなかった。日本代表の練習中に脚を痛め、大事を取ってベン...