サンフレ

【J1】9月21日新潟戦 勇気与えた「背番号8」

2013/9/21 13:34
新潟・成岡Qから、スライディングでボールを奪う広島・森崎和G

新潟・成岡Qから、スライディングでボールを奪う広島・森崎和G

 「苦しい時は私の背中を見て」。2008年の北京五輪、そう言ったのは、なでしこジャパンの絶対的エース澤穂希だった。4年ぶりの5戦勝ちなしと苦しみの中にある広島。背中で仲間を鼓舞し、勇気を与えたのは森崎和だった。
(ここまで 105文字/記事全文 514文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

コーナーフラッグの最新記事
一覧

  • 【J1】5月8日鳥栖戦 節目の青山、経験今こそ (5/8)

     初めてサンフレ担当をしたのは2006年だった。序盤から降格争いに巻き込まれ監督交代。新監督を迎え、抜てきされたのが当時3年目の青山だった。相次ぐ故障で、リーグ戦出場はなく、後にこのままなら戦力外候補...

  • 【J1】5月1日神戸戦 改善なくば 降格の足音 (5/1)

     これまでにない危機感を覚えている。前節の福岡戦を見るような立ち上がりの失点に加え、攻守に精彩を欠いた前半の戦いぶり。開幕から8戦負けなしのスタートを切ったときは、無縁だと思っていた残留争いに巻き込ま...

  • 【J1】4月24日福岡戦 先制点の重み、共有必要 (4/24)

     守備をしっかり固める福岡をどう攻略するのだろうか、とのんきに考えていた直後に先制を許した。前半9分での失点は、今季最も早い。10日の湘南戦以降、勝ちのない4試合全てで、追い掛ける展開となっている。

  • 【J1】4月18日川崎戦 逆境下の勝ち点、自信に (4/18)

     将棋に例えれば、飛車角落ちでも、名人に負けなかったと言えるだろうか。14日の名古屋戦で負傷した川辺がいなければ、日本代表で故障した佐々木もいない。満身創痍(そうい)の状態でつかんだ勝ち点1は、チーム...

  • 【J1】4月14日名古屋戦 勝敗分けた一瞬の判断 (4/14)

     Jリーグ史に残る屈指の「盾」を持つ名古屋に対して先制点、それも前半の早い時間帯に与えてしまっては相手の思うつぼである。まして、警戒していたセットプレーからの失点。悔しさは募るばかりだろうが、名古屋の...