サンフレ

【J1】4月14日神戸戦 選手間競争で得た1勝

2019/4/14

 二兎(と)を追う者は一兎をも得ず。欲を出して同時に二つのことをうまくやろうとすると、結局はどちらも失敗することを例えたことわざ。ただ、開幕から7試合を戦ってきた今季の広島には当てはまらない。二兎を追うことで、三兎を得ようとしているからだ。
(ここまで 120文字/記事全文 498文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

コーナーフラッグの最新記事
一覧

  • 【J1】10月18日神戸戦 「育成の広島」への期待 (10/18)

     背番号7の野津田と8の川辺が並ぶ中盤を見て胸を躍らせたなら、コアな広島サポーターである。日本一にも輝いた広島ユース時代の2人を思い出したり、かつての森崎兄弟の姿とダブらせたりした人もいよう。

  • 【J1】10月14日川崎戦 「中位がお似合い」悲しい (10/14)

     5失点の大敗を喫した前回対戦から、内容は大きく改善したとはいえ、負けは負けである。上位に勝てない。先制を許すと勝てない―。今季の「負の法則」をそのまま引きずり、川崎の10連勝を目前で許したのが歯がゆ...

  • 【J1】10月10日清水戦 消極的ナ心ニモマケズ (10/10)

     宮沢賢治の有名な詩の一節を借りれば、「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」の心境になる。台風14号による強風雨に加え、負傷者が続くアクシデントにも動じず、つかんだ白星だった。

  • 【J1】10月3日鳥栖戦 原点回帰の勝利 価値あり (10/3)

     内容、結果ともに今季一、二を争う快勝だった。素晴らしいのは、前線から積極的な守備を仕掛ける姿勢を貫き、得点につなげたこと。チームの原点に立ち返っての勝利に、この試合の意味がある。

  • 【J1】9月27日G大阪戦 追い求める攻撃、貫いて (9/27)

     広島の追い求める攻撃はどちらなのか。組織で崩そうとした60分と、個の力に頼った30分。今季の折り返しの初戦となったこの日、もどかしさを覚えた。