サンフレ

【J1】10月18日神戸戦 「育成の広島」への期待

2020/10/18

 背番号7の野津田と8の川辺が並ぶ中盤を見て胸を躍らせたなら、コアな広島サポーターである。日本一にも輝いた広島ユース時代の2人を思い出したり、かつての森崎兄弟の姿とダブらせたりした人もいよう。
(ここまで 96文字/記事全文 494文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

コーナーフラッグの最新記事
一覧

  • 【J1】10月31日仙台戦 次代率いる、荒木の成長 (10/31)

     大幅に先発メンバーが変わった中、開幕から試合に出続ける荒木に注目して見ていた。普段は佐々木、野上と組む3バックは、公式戦初となる井林と櫛引との組み合わせ。危なげなく統率した姿にDFリーダーとしての成...

  • 【J1】10月28日横浜M戦 堅守実った白星、自信に (10/28)

     シーズン終盤になると、白星に結び付く有利なデータを探しながら試合を見てしまうのは、担当記者のさがだろうか。今季、上位に未勝利だった広島が勝つ材料はどこかにないものか。試合前から数字とにらめっこしてい...

  • 【J1】10月24日鹿島戦 得点力、組織で磨く必要 (10/24)

     「胸がすくような快勝である」。そう書いたのは、鹿島との開幕戦を3―0で飾った2月23日だった。今季への期待で胸を膨らませた日から8カ月。上位が遠くにかすむ現実が待っているとは、思わなかった。

  • 【J1】10月18日神戸戦 「育成の広島」への期待 (10/18)

     背番号7の野津田と8の川辺が並ぶ中盤を見て胸を躍らせたなら、コアな広島サポーターである。日本一にも輝いた広島ユース時代の2人を思い出したり、かつての森崎兄弟の姿とダブらせたりした人もいよう。

  • 【J1】10月14日川崎戦 「中位がお似合い」悲しい (10/14)

     5失点の大敗を喫した前回対戦から、内容は大きく改善したとはいえ、負けは負けである。上位に勝てない。先制を許すと勝てない―。今季の「負の法則」をそのまま引きずり、川崎の10連勝を目前で許したのが歯がゆ...