サンフレ

【J1】10月31日仙台戦 決定力欠いて手痛いドロー

2020/10/31
後半28分、広島の永井が右足を伸ばしてシュートを放つがGKに阻まれる

後半28分、広島の永井が右足を伸ばしてシュートを放つがGKに阻まれる

 J1広島は31日、ユアテックスタジアム仙台で仙台と戦い、0―0で引き分けた。最下位相手に手痛いドローに終わり、勝ち点は37から38となった。

 広島は、28日の横浜M戦から先発9人を入れ替えて臨んだ。立ち上がりから押し気味に試合を進めたが、前半12分のドウグラスのシュートはGK正面を突くなど、決定力を欠いた。0―0で折り返した後半は永井や浅野ら攻撃的な選手を次々に投入。ゴールに迫ったが、最後まで得点を奪えなかった。

 15試合未勝利の仙台から白星を奪えず、城福監督は「後半残り10分までは、イメージしていた守備と攻撃がある程度出せたと思う。ただ、決めるべき場面で決めないといけない展開になってしまった」と、渋い表情で試合を振り返った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

成績の最新記事
一覧