サンフレ

「走らないキャンプ」実践中 序盤からフルコートでの実戦メニュー

2021/1/26 12:06
池田フィジカルコーチ(右奥)が見守る中、トレーニングに励む広島イレブン

池田フィジカルコーチ(右奥)が見守る中、トレーニングに励む広島イレブン

 J1広島は宮崎県内の1次キャンプで体力づくりの手法を大きく変えた。キャンプ序盤からフルコートを使った11対11の実戦メニューをこなすなど、持久力を鍛える走るだけのメニューが消えている。

 今キャンプは初日の24日からハーフコートを使った練習を始め、25日も実戦練習に時間を割いた。池田フィジカルコーチは「タイム走など数値が出る練習の方が、選手の状態は把握しやすい。ただ、ボールを使った練習で強化できれば効率的だし、スムーズに戦術練習に移行できる」と説明する。

 昨年まで重視したタイム走や持久走の体力強化メニューは組まれていない。異例の「走らないキャンプ」は各選手が自主トレをしっかり積んできたからこそといえそうだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧