サンフレ

マイペース森島、ゆっくり食事の「大物」ぶり

2021/2/13 11:33
和やかな雰囲気で練習する森島(右)と永井

和やかな雰囲気で練習する森島(右)と永井

 新型コロナウイルス感染対策の一環で、キャンプ中の選手の食事風景は一変している。鹿児島で2次キャンプに励むJ1広島は、選手は対面せずに前向きで食べ、隣の席との間隔も約1メートル以上空けている。選手は会話せず食べることに集中するため、大半の選手は食事時間が例年より短い。

 そんな環境下でもマイペースを貫くのが森島だ。もともと、食べるのが遅いのはチーム内でも有名。浅野は「ひどい時は自分が食事を終えるときに、森島が(最初の)サラダを食べ始めていることもある」とあきれる。

 森島は「龍君(永井)たちがいるので大丈夫」ときっぱり。そんな永井も「自分は遅いと思っていたが、それ以上の選手がいるとは」。周囲の視線にも動じない森島の「大物」ぶりに驚いていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧