• トップ >
  • サンフレ >
  • 話題 >
  • 決定力欠き苦悩の前半戦 城福体制で最少の勝ち点26、浮上へ勝負強さ鍵

サンフレ

決定力欠き苦悩の前半戦 城福体制で最少の勝ち点26、浮上へ勝負強さ鍵

2021/6/2 23:34
5月30日のFC東京戦、今季3度目のスコアレスドローに終わり、肩を落とす広島イレブン(撮影・河合佑樹)

5月30日のFC東京戦、今季3度目のスコアレスドローに終わり、肩を落とす広島イレブン(撮影・河合佑樹)

 J1広島は、リーグ前半戦を終え、6勝8分け5敗の勝ち点26で折り返した。4季目の城福体制では最少の勝ち点。クラブのシーズン最多引き分け数を更新するペースの8引き分けが象徴するように、勝ち切れない試合の多さが、伸び悩む要因になっている。
(ここまで 118文字/記事全文 499文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

 あなたにおすすめの記事